シルバーのお手入れ
 

シルバーは変色する貴金属ということから、みなさんお手入れ方法が気になるところですね。

少し、シルバーについてお話します。


シルバーは古代人が最初に扱った貴金属といわれ
なぜ中世ヨーロッパの時代から愛用されているかというと
身体に優しい金属だから、なんだそうです。

身体に優しいイオンを与え、銀の器に飲み物や食べ物などを入れると痛みにくくなったり
有害な強い酸や硫黄に反応して色が変化したりする不思議な金属といわれ
赤ちゃんの誕生に贈られるシルバースプーンは有名ですが
日常のやフォークやナイフなど食器などの定番にもなりました。

そして、シルバーは放って置くと淋しくて色が変わってしまい
ずっと愛用していると色が変わりにくいと古代からいわれているようです。

なぜ、そういわれるかというと
毎日身につけていると自然に表面が研磨されて、変色があまり目立たず
長時間放置してしまうと空気中に含まれる硫黄分と結合し硫化銀の膜を作ってしまうことで
黒ずんで変色してしまうためです。

そうはいっても、現代の日常やファッションのコーディネートで
色々とアクセサリーもつけかえたい、そんな時の保存方法をご提案します。


シルバーの長期保存にはジッパータイプのビニール袋がオススメです。
100円ショップなどでも購入できますが
meong shopではシルバー925製品をお買上げのお客様にはお付けしてお届けいたします。
袋に入れることで少しでも空気を遮断してあげてください。



黒ずんでしまったらクロスやクリーム、クリーニング液でお手入れをしましょう。
一般的なのがシルバー専用のクロスです。
繊維の中に研磨剤が入っているので軽い汚れや変色は簡単に落とせます。

 

細かい細工のあるシルバーには
クリーニング液が便利です。

また、コードブレスや革素材と
コンビになっているデザインのものには
クリームタイプはあまり向いていません。


個人的には、「燻銀」とう言葉もあるように
使っていくうちに色が変わっていくことや、小さな傷ができることで光沢が柔らかになるのも
オンリーワンとしての味がでて、とっても好きです。

こちらは、1年間愛用している【JOY JEWELLERY】のシルバーブレスレットです。
毎日つけているわけではありませんが、かといってこまめな手入れもあまりしていません(笑)

神経質になりすぎると楽しめませんが、日頃のほんの少しの心がけやメンテナンスで
良い状態を楽しんでいただくこともできます。
 

 ・入浴する時ははずしてあげる。(温泉、入浴剤にお気をつけください)
 ・汗をかいたら洗い流してあげる。
 ・傷がつきそうな作業をする時ははずす。

こんなことだけでも、いかがでしょうか。
どうぞ、あなたの元に届いたジュエリーにハートをわけてくださいね。


 

ピックアップ商品




新規会員登録5%OFF